Information

フィデリティ証券
リテラ・クレア証券
マネックス証券
セゾン投信
楽天証券
カブドットコム証券
トヨタFS証券
投資信託とは?
どのくらいの資金を用意すべきか?
メリットとは?
デメリットとは?
税金について
投資信託の歴史
投資の目的
株などでとてもたくさん楽しくさせられる
取引手数料とスプレッド
スリッページを回避する方法
投資の情報について
運用実績を見てみよう!
投資信託のプランを選ぼう!
売買益を狙おう!
「REIT」で投資信託
「ETF」で投資信託
外貨MMFで投資信託を始めよう!
換金する方法
短期運用をするべきか?
為替変動リスクについて考えよう
新興国の債券には要注意!
投資資金について考える
フランスの失業者数が18カ月連続で増加
27日東証終値が9400円台を回復してた
政治について
経済対策に期待・・
3年間思い続けたこと
円相場
レバレッジについて
取引通貨ペア
取引手数料について
取引画面と注文ツール
取引単位と必要証拠金
注文と通知機能
本当に儲かるか疑わしいもの
あまりに失敗談の印象が強い
FXでのんびり生活
暇がない社会人にまでオススメ
サイト情報・リンクについて
事業を起こすことのむずかしさ
アフラックの営業に勧められるままに加入
アメリカンファミリーのがん保険
オリックス生命の「ビリーブ」に入りました
健全な借金生活
電子マネーのメリット・デメリット

セゾン投信

「投資信託を始めたい!」と考えておられる皆さんにお聞きしたいのですが、「最初の投資額」はどれくらいでしょうか?いきなり「1000万円以上」で投資信託を始められる方もおられますが、たいていは「様子見」もかねて、少ない金額から始められる人が多いですね。

そんな皆さんにとって、「少ない資金でも始められる証券会社はどこか?」というのが大きなテーマになると思うのですが、その意味では、「セゾン投信」こそ最もオススメ出来る証券会社の1つなのです。

「投資信託の初期投資をどれくらいの金額で?」というのは個人の自由なのですが、中には、「少なくて恥ずかしい…」という人もおられるのです。しかしセゾン投信では、利用者の多くが少ない資金から始めているんですね。セゾン投信のホームページを見ても、「多くの人が少ない資金から始めています」と書かれています。つまり、何も恥ずかしがることなく、少ない資金から安心して始められる証券会社こそセゾン投信なんですよ。

具体的な金額で言えば、「毎月5000円ずつ積み立てる」というプランが最も人気です。「ずっと5000円」では投資をしている意味はありません。つまり、毎月のお給料の中から、コツコツと積み立てていって、徐々に投資規模を大きくしていこうというプランなんですよ。

これなら、大きな資金を最初に用意する必要もありませんし、数年後には「数十万単位」の規模に成長しているはずです。もちろん、その間の配当も受け取れますので、「徐々に少しずつ資金を育てる」という、「投資の基本」を私たちでも実践できる証券会社と言えるでしょう。