Information

フィデリティ証券
リテラ・クレア証券
マネックス証券
セゾン投信
楽天証券
カブドットコム証券
トヨタFS証券
投資信託とは?
どのくらいの資金を用意すべきか?
メリットとは?
デメリットとは?
税金について
投資信託の歴史
投資の目的
株などでとてもたくさん楽しくさせられる
取引手数料とスプレッド
スリッページを回避する方法
投資の情報について
運用実績を見てみよう!
投資信託のプランを選ぼう!
売買益を狙おう!
「REIT」で投資信託
「ETF」で投資信託
外貨MMFで投資信託を始めよう!
換金する方法
短期運用をするべきか?
為替変動リスクについて考えよう
新興国の債券には要注意!
投資資金について考える
フランスの失業者数が18カ月連続で増加
27日東証終値が9400円台を回復してた
政治について
経済対策に期待・・
3年間思い続けたこと
円相場
レバレッジについて
取引通貨ペア
取引手数料について
取引画面と注文ツール
取引単位と必要証拠金
注文と通知機能
本当に儲かるか疑わしいもの
あまりに失敗談の印象が強い
FXでのんびり生活
暇がない社会人にまでオススメ
サイト情報・リンクについて
事業を起こすことのむずかしさ
アフラックの営業に勧められるままに加入
アメリカンファミリーのがん保険
オリックス生命の「ビリーブ」に入りました
健全な借金生活
電子マネーのメリット・デメリット

マネックス証券

投資信託を始めたい人を対象に様々なサービスが登場しており、各証券会社は、競って独自サービスの拡大をしています。それぞれの証券会社のホームページを見ていても、「なるほど。それは盲点だったな…」と思えるような、利用者に嬉しいサービスを展開している証券会社もたくさんあるんですね。

「マネックス証券」は、証券会社としての規模は大きい方で、名前くらいは知っている人も多いことでしょう。マネックス証券の投資信託の特徴は、「3つのメリット」で表現できます。第一に、「ノーロードプラン」と呼ばれるものですね。

「ノーロード」とは、「申し込み手数料が無料」ということです。以前の投資信託では、申し込んだ時点で手数料が発生し、また、その金額もけっこう高かったのです。つまり、「取引コストが高くつく」というのが、投資信託のデメリットだったんですよ。しかし、ノーロードと呼ばれるプランが登場したことにより、コストを抑えた取引を開始することが出来るのです。

第二に、「銘柄選びのサポート」というものがあります。一口で投資信託と言っても、運用をお任せするファンドや銘柄は異なるものです。それを自分で決める必要があるのですが、やはり初心者には難しいものですね。そこで、マネックス証券では、独自のシステムで顧客に最も適したプランを探してくれるんですよ。同じようなサービスを行っている証券会社は他にもありますが、マネックス証券のシステムに勝るところは少ないと思います。

最後に、「初心者サービスが充実している」という点も高評価でしょう。マネックス証券では、初心者専用のページを設けており、投資信託の仕組みからリスクまで、非常に分かりやすく解説しています。「投資信託について何も知らない」というのであれば、ぜひオススメしたい証券会社の1つですね。