Information

フィデリティ証券
リテラ・クレア証券
マネックス証券
セゾン投信
楽天証券
カブドットコム証券
トヨタFS証券
投資信託とは?
どのくらいの資金を用意すべきか?
メリットとは?
デメリットとは?
税金について
投資信託の歴史
投資の目的
株などでとてもたくさん楽しくさせられる
取引手数料とスプレッド
スリッページを回避する方法
投資の情報について
運用実績を見てみよう!
投資信託のプランを選ぼう!
売買益を狙おう!
「REIT」で投資信託
「ETF」で投資信託
外貨MMFで投資信託を始めよう!
換金する方法
短期運用をするべきか?
為替変動リスクについて考えよう
新興国の債券には要注意!
投資資金について考える
フランスの失業者数が18カ月連続で増加
27日東証終値が9400円台を回復してた
政治について
経済対策に期待・・
3年間思い続けたこと
円相場
レバレッジについて
取引通貨ペア
取引手数料について
取引画面と注文ツール
取引単位と必要証拠金
注文と通知機能
本当に儲かるか疑わしいもの
あまりに失敗談の印象が強い
FXでのんびり生活
暇がない社会人にまでオススメ
サイト情報・リンクについて
事業を起こすことのむずかしさ
アフラックの営業に勧められるままに加入
アメリカンファミリーのがん保険
オリックス生命の「ビリーブ」に入りました
健全な借金生活
電子マネーのメリット・デメリット

新興国の債券には要注意!

一言で「投資信託」と言っても、その商品の種類は様々です。国内債券に特化したものもあれば、アメリカの株式に特化した商品もあります。どれを選ぶかは皆さんの自由ですが、最近になって大きな注目を集めているのが「新興国」の株式や債券です。

中国やインド、ブラジルなどの国が新興国として注目されていますが、これらの国の債権などを買っておくと、「将来的な成長が大きな利益につながる」という期待が出来るんですね。しかし、新興国の場合、先進国とは少し違うリスクがあることを知っておきましょう。

日本やアメリカ、イギリスのような先進国の場合、債権の金利が一気に大きく変動することはありません。すでに経済的に成熟しているため、市場に混乱を起こすほどの大変動は起こらないのです。ところが、新興国ではそのような大変動が起こる可能性があるんですね。

債権に関する金利は、景気がよくなれば金利も上昇し、景気が悪くなれば金利も下がるのが一般的です。中国やインド、ブラジルのような新興国の場合、まだ経済基盤がしっかりしていませんので、「景気が一気に悪くなる」というリスクを持っているんですよ。ということは、せっかく保有していた債権の金利も、「ガクン!」と下がる可能性があるんですね。

投資を始める人の中には、「新興国に投資をしておけば、必ず将来的に大きな利益になる」と考えている人も多いのですが、新興国だからこそのリスクというものも存在しています。それらを理解して投資をしないと、「思わぬ落とし穴」にはまってしまうかもしれませんよ。