Information

フィデリティ証券
リテラ・クレア証券
マネックス証券
セゾン投信
楽天証券
カブドットコム証券
トヨタFS証券
投資信託とは?
どのくらいの資金を用意すべきか?
メリットとは?
デメリットとは?
税金について
投資信託の歴史
投資の目的
株などでとてもたくさん楽しくさせられる
取引手数料とスプレッド
スリッページを回避する方法
投資の情報について
運用実績を見てみよう!
投資信託のプランを選ぼう!
売買益を狙おう!
「REIT」で投資信託
「ETF」で投資信託
外貨MMFで投資信託を始めよう!
換金する方法
短期運用をするべきか?
為替変動リスクについて考えよう
新興国の債券には要注意!
投資資金について考える
フランスの失業者数が18カ月連続で増加
27日東証終値が9400円台を回復してた
政治について
経済対策に期待・・
3年間思い続けたこと
円相場
レバレッジについて
取引通貨ペア
取引手数料について
取引画面と注文ツール
取引単位と必要証拠金
注文と通知機能
本当に儲かるか疑わしいもの
あまりに失敗談の印象が強い
FXでのんびり生活
暇がない社会人にまでオススメ
サイト情報・リンクについて
事業を起こすことのむずかしさ
アフラックの営業に勧められるままに加入
アメリカンファミリーのがん保険
オリックス生命の「ビリーブ」に入りました
健全な借金生活
電子マネーのメリット・デメリット

短期運用をするべきか?

投資信託では、「一口いくら?」という感じで、一口の値段が存在しています。この値段は、常に一定に固定されているのではなく、ファンドの運用実績によって変動します。投資信託をしている人の中には、変動を利用した「短期運用」をする人もいるのですが、「投資信託では短期運用をするべきではない!」という意見も多いのです。

一口の値段が下がった時点で焦って売ってしまうと、その時点で損失が確定してしまいます。しかし、ずっと保有しておけば、その損失が確定することはありません。また保有し続けていくと、その分の配当金が溜まってきますので、長い目で見れば、「変動による損失をカバーできる」ということになるんですね。

また、運用を行っているファンドからしても、「下がっりぱなし」ではメンツにかかわります。ファンドとしての信用もなくなりますし、証券会社や投資家から見放されれば、一気に「破綻」という可能性も秘めているためです。

そのため、一度下がったとしても、ファンドは何としてでも「上げよう!」と努力します。ということは、一度下がったとしても、「待っていれば上がる可能性が高い」ということなんですね。これが、株取引やFXなどと異なる「投資信託の特徴」なのです。

株取引やFXの世界では、多少の損失が出た時に「損切り」をすることが大切です。しかし、これと同じ感覚で投資信託をしてしまうと、「取り戻せるチャンスを自分から捨ててしまう」ということになってしまうのです。ですので、変動による損失が出たとしても、「じゃあ、損切りしよう」と考えるのではなく、少し長い目で見守るということを覚えておきましょう。