Information

フィデリティ証券
リテラ・クレア証券
マネックス証券
セゾン投信
楽天証券
カブドットコム証券
トヨタFS証券
投資信託とは?
どのくらいの資金を用意すべきか?
メリットとは?
デメリットとは?
税金について
投資信託の歴史
投資の目的
株などでとてもたくさん楽しくさせられる
取引手数料とスプレッド
スリッページを回避する方法
投資の情報について
運用実績を見てみよう!
投資信託のプランを選ぼう!
売買益を狙おう!
「REIT」で投資信託
「ETF」で投資信託
外貨MMFで投資信託を始めよう!
換金する方法
短期運用をするべきか?
為替変動リスクについて考えよう
新興国の債券には要注意!
投資資金について考える
フランスの失業者数が18カ月連続で増加
27日東証終値が9400円台を回復してた
政治について
経済対策に期待・・
3年間思い続けたこと
円相場
レバレッジについて
取引通貨ペア
取引手数料について
取引画面と注文ツール
取引単位と必要証拠金
注文と通知機能
本当に儲かるか疑わしいもの
あまりに失敗談の印象が強い
FXでのんびり生活
暇がない社会人にまでオススメ
サイト情報・リンクについて
事業を起こすことのむずかしさ
アフラックの営業に勧められるままに加入
アメリカンファミリーのがん保険
オリックス生命の「ビリーブ」に入りました
健全な借金生活
電子マネーのメリット・デメリット

デメリットとは?

メリットが多い投資信託ですが、もちろんデメリットも存在しています。メリットと同じように、デメリットも勉強することで、より賢い投資が実現できます。そこで、投資信託のデメリットについて少し勉強しておきましょう。

まず、「元本割れのリスクがある」というデメリットですが、投資にはリスクが付き物です。投資家としては、少しでもリスクの少ないプランを探すべきなのですが、その意味で「リスクの少ない投資信託」が注目を集めているのです。

しかし、いくらリスクが少ないと言っても、「100%勝てる」というものではありません。投資信託にも元本割れを引き起こすデメリットがあり、「投資信託を始めれば絶対に勝てる!」と考えるのはやめておきましょう。

また、「手数料がたくさん必要」というのも、投資信託のデメリットの1つです。投資信託では、基本的に「契約時」、「運用中」、「解約時」の3つに手数料が必要になります。最近では「ノーロードプラン」のように手数料を抑えた商品も出てきましたが、「運用を投資のプロに任せる」という手法であるため、運用中にプロに支払う手数料は結構高いんですよ。手数料は、利益を圧迫する存在であるため、出来るだけ安く抑えるべきなのですが、その点を考えれば、投資信託の手数料は少し痛いと言えます。

いかがですか?これが投資信託の代表的なデメリットです。リスクの少ない投資商品と言っても、「確実に勝てる」ことはありませんので、その辺りもちゃんと理解して、また、同時に手数料の計算などもしておくようにしましょう。