Information

フィデリティ証券
リテラ・クレア証券
マネックス証券
セゾン投信
楽天証券
カブドットコム証券
トヨタFS証券
投資信託とは?
どのくらいの資金を用意すべきか?
メリットとは?
デメリットとは?
税金について
投資信託の歴史
投資の目的
株などでとてもたくさん楽しくさせられる
取引手数料とスプレッド
スリッページを回避する方法
投資の情報について
運用実績を見てみよう!
投資信託のプランを選ぼう!
売買益を狙おう!
「REIT」で投資信託
「ETF」で投資信託
外貨MMFで投資信託を始めよう!
換金する方法
短期運用をするべきか?
為替変動リスクについて考えよう
新興国の債券には要注意!
投資資金について考える
フランスの失業者数が18カ月連続で増加
27日東証終値が9400円台を回復してた
政治について
経済対策に期待・・
3年間思い続けたこと
円相場
レバレッジについて
取引通貨ペア
取引手数料について
取引画面と注文ツール
取引単位と必要証拠金
注文と通知機能
本当に儲かるか疑わしいもの
あまりに失敗談の印象が強い
FXでのんびり生活
暇がない社会人にまでオススメ
サイト情報・リンクについて
事業を起こすことのむずかしさ
アフラックの営業に勧められるままに加入
アメリカンファミリーのがん保険
オリックス生命の「ビリーブ」に入りました
健全な借金生活
電子マネーのメリット・デメリット

取引手数料について

これからFXをしようかという方は仕組みを覚えたら、
真っ先に気になるのが取引手数料だと思います!!
コレやっぱり欠かせないですよね、業者選びでは。
勿論重要なポイントです!

FX人気に伴ってFX業者は以前に比べかなり増えました。、
そうなると顧客獲得が大変なわけで、取引手数料の安さは
同業他社との競争になります!そのおかげで安くなり、
しまいには手数料無料の業者もたくさん出てきています。
でも、実際取引にかかるコストは手数料だけじゃないんです、
スプレッドというのがあるんですが、私達投資家の負担と
なります。

このスプレッドをざっくり簡単に言うと、
「買値と売値の差」となります。

実質手数料と考えていいと思います。
デイトレや短期取引で利益を出したいと思ってる方に
とってスプレッドは手数料と同じく業者選びのポイントに
なるんで、しっかり確認してくださいね。

スプレッドも取引手数料同様に小さければ小さいほど
コストがかかりませんので有利に取引が出来ます。
これも業者ごと、そして取引通貨ペアごとで異なります。


もう一度確認しておきましょう、実質かかるコストは
取引手数料とスプレッドです。
手数料が無料でもスプレッドが大きいと、あまり意味が
ありません。逆も同じです、スプレッド小、手数料高。。。

どちらもチェックして、それ以外にも説明した業者選びに
おけるポイントも見比べトータルで業者選びしましょうね!

今はとにかく顧客の取り合いで手数料もスプレッドも
激安なとこ多いですからね、見落としないようにチェック
してください^^