Information

フィデリティ証券
リテラ・クレア証券
マネックス証券
セゾン投信
楽天証券
カブドットコム証券
トヨタFS証券
投資信託とは?
どのくらいの資金を用意すべきか?
メリットとは?
デメリットとは?
税金について
投資信託の歴史
投資の目的
株などでとてもたくさん楽しくさせられる
取引手数料とスプレッド
スリッページを回避する方法
投資の情報について
運用実績を見てみよう!
投資信託のプランを選ぼう!
売買益を狙おう!
「REIT」で投資信託
「ETF」で投資信託
外貨MMFで投資信託を始めよう!
換金する方法
短期運用をするべきか?
為替変動リスクについて考えよう
新興国の債券には要注意!
投資資金について考える
フランスの失業者数が18カ月連続で増加
27日東証終値が9400円台を回復してた
政治について
経済対策に期待・・
3年間思い続けたこと
円相場
レバレッジについて
取引通貨ペア
取引手数料について
取引画面と注文ツール
取引単位と必要証拠金
注文と通知機能
本当に儲かるか疑わしいもの
あまりに失敗談の印象が強い
FXでのんびり生活
暇がない社会人にまでオススメ
サイト情報・リンクについて
事業を起こすことのむずかしさ
アフラックの営業に勧められるままに加入
アメリカンファミリーのがん保険
オリックス生命の「ビリーブ」に入りました
健全な借金生活
電子マネーのメリット・デメリット

3年間思い続けたこと

3年前に民主党政権が誕生して以来、株価についてほとんどニュースの話題にはならなくなりました。わたしはちょっとですが株をやっていますので、これはおかしいと感じていました。自民党時代、小泉政権の発足時におよそ14000円あった平均株価が、構造改革で一時7000円台まで落ち込む。わたしもこれにはあせりましたが、幸い大きな損失は蒙らずに済みました。その後、回復して、小泉政権は最後に14000台、つまり発足時の数字に戻したかたちで終わりました。安倍政権になって、株価はさらに上昇、記憶では17000~18000円くらいになったと思います。ところがその後、もちろんリーマンショックがあって、急落したのですが、民主党政権はこの問題についてほとんど無気力。マスコミもかつての小泉時代のように「なんとかしろ」と強く言うことはなかったように思います。今、3年ぶりに自民党政権の流れの中で株価急上昇。マスコミも連日それを報道していますが、この3年間、何をしていたのかと、マスコミに問いただしたいと思っています。株価は今の資本主義経済の根幹をなすもので、ある政権のときは騒ぎ、別の政権のときは放っておくべきものはありません。政権よりもマスコミの扱い方に、危機感を覚えます。