Information

フィデリティ証券
リテラ・クレア証券
マネックス証券
セゾン投信
楽天証券
カブドットコム証券
トヨタFS証券
投資信託とは?
どのくらいの資金を用意すべきか?
メリットとは?
デメリットとは?
税金について
投資信託の歴史
投資の目的
株などでとてもたくさん楽しくさせられる
取引手数料とスプレッド
スリッページを回避する方法
投資の情報について
運用実績を見てみよう!
投資信託のプランを選ぼう!
売買益を狙おう!
「REIT」で投資信託
「ETF」で投資信託
外貨MMFで投資信託を始めよう!
換金する方法
短期運用をするべきか?
為替変動リスクについて考えよう
新興国の債券には要注意!
投資資金について考える
フランスの失業者数が18カ月連続で増加
27日東証終値が9400円台を回復してた
政治について
経済対策に期待・・
3年間思い続けたこと
円相場
レバレッジについて
取引通貨ペア
取引手数料について
取引画面と注文ツール
取引単位と必要証拠金
注文と通知機能
本当に儲かるか疑わしいもの
あまりに失敗談の印象が強い
FXでのんびり生活
暇がない社会人にまでオススメ
サイト情報・リンクについて
事業を起こすことのむずかしさ
アフラックの営業に勧められるままに加入
アメリカンファミリーのがん保険
オリックス生命の「ビリーブ」に入りました
健全な借金生活
電子マネーのメリット・デメリット

投資信託と株式投資について

今では、インターネットを通した「オンライン取引」が当たり前の時代になりました。また、オンラインでのサービスも非常に充実しており、こうなると、「投資信託を通しての株式投資と、個人で行う株式投資の違いは何か?」という疑問がわいてきます。

投資信託は、主に債権などに投資をするのですが、上昇が見込める場合は株式にも投資をします。つまり、「わざわざ投資信託を通して株取引をしなくても、それなら最初から自分で株取引をした方が、利益の金額や手数料などの面でお得なのでは?」という疑問が出てくるんですよ。

しかし、よく考えてください。投資信託を通して株取引をすることは、たしかに利益も小さくなりますし、信託手数料だって払う必要があります。しかし、それは「株取引で勝ったことを想定しての話」なのです。

もし、あなたがプロ並みに高い勝率を出せるなら、わざわざ投資信託をする必要はないかもしれません。自分の力で株取引をした方が利益も大きくなりますし、手数料だって支払う必要もありませんから。

ところが、そんなに簡単に勝てるほど株取引の世界は甘くありません。したがって、腕前によほどの自信があるなら話は別ですが、やはり最初は投資のプロにお任せした方が賢い方法と言えるんですね。

そして、ある程度投資に慣れてきたなら、資金を分散して、「一部を株取引に、一部を投資信託に」などのように分けておけば良いと思いますよ。たいていの方は、慣れてくると資金を分散して「投資信託+株取引」のプランにしていることも知っておいてくださいね。

投資初心者の方が、「投資信託を始めたい!」と思っても、何を基準に業者選びをするべきかが分かりません。「手数料」や「初心者サポート」などは分かりやすい基準になりそうですが、やはり「運用実績」を見て決めるという方法が最も賢いと言えます。

そこで、各証券会社のホームページを見てみましょう。それぞれのホームページには、その証券会社が運用を委託しているファンドや運用実績などが記載されているはずです。それを見て、「おっ!この証券会社は、利回りは低いが着実な運用をしているぞ!」などの情報を細かくチェックしておきましょう。投資初心者の方でも、この程度の情報はすぐに理解できるはずですし、もし上記の情報が明記されていなければ、直接問い合わせてみても良いでしょう。

そして、その上で初心者サポートや手数料面で比較すれば良いのです。また、最近ではどの証券会社でもホームページ内に初心者用のページを併設しており、分かりやすい表現で投資信託の「イロハ」について知ることが出来ます。

さらに、分からないことがあれば積極的に問い合わせてみても良いですよ。メールでも良いですし、顧客対応を知りたければ、直接電話して聞いてみるのも1つの手です。

初心者のための業者選びには、様々なポイントがあるのですが、やはり運用実績を第一に考えた選び方をしておきましょう。なにしろ、あなたの大切なお金を預けるのです。「うわべだけの誠実さ」に惑わされないようにして下さいね。

投資信託では、海外の株式や債券を取り扱った商品もたくさんあります。中国やインド、ブラジルといった新興国に投資をしている人も多いですよね。しかし、海外の銘柄や債券で投資をする場合、必ず「為替変動リスク」という言葉が付き物になります。

たとえば、アメリカの債権で投資信託を始めるとしましょう。この場合、あなたの資金を一度「米ドル」に両替する必要があるんですよ。当然ですよね。海外の債券を購入するのですから、円建てで購入することは出来ません。そして、運用の結果、多少の利益が出たとしましょう。しかし、購入した時点よりも大きく円高になっていれば、その分が損失として返ってくるのはお分かりでしょうか?

仮に、100万円の資金を用意して、それでアメリカ債権を買ったとしましょう。買った時点のレートは「1米ドル=100円」とします。そして、1年後に「5万円」の利益が出たとしても、この時のレートが「1米ドル=95円」になっていれば、為替変動で「5万円」の損失を出していることになります。つまり、「運用による利益が、為替変動による損失で吹っ飛んでしまった…」ということになってしまうんですよ。

海外の投資信託は、投資初心者の方にも人気の商品ですが、為替変動によるリスクについて考えている人は少ないと思います。したがって、円高傾向にあるときに投資をすることを心がけておきましょう。こうすることで、為替変動によるリスクも解消できますし、むしろ、円安による「変動差益」が生まれるかもしれませんしね。


投資はしてみたいけど、どうやって買うの?

投資信託とはあなたが預けた資金を運用のプロがあなたに代わって運用してくれる金融商品です。はじめて投資信託をお申し込みになる場合の仕組み・選び方・運用法なども解説しています。


情報収集をしよう

投資を始める前には、必ず勉強や情報収集が必要です。「どのような投資なのか?」や、「利益を効率的に出す方法とは何か?」、また、「どのようなリスクが存在しているのか?」などなど、これらの点についてしっかりと勉強しておくことが大切なのです。しかし、勉強するにしても、「情報」がなければ意味がありませんね。そこで、投資信託の情報収集の方法についていくつか皆さんに紹介していきましょう。

まず有名なのが「社団法人投資信託協会」のホームページですね。投資信託関連の「統括団体」であり、投資信託の「イロハ」から各ファンドの情報などを知ることが出来ます。投資信託初心者の人であれば、必ず一度はこの団体のホームページをチェックしておきましょう。

また、「モーニングスター」というサイトにも注目です。投資信託に特化したサイトであり、各ファンドの分析情報や経済ニュースなど、投資信託を分析するために必要な情報が満載のサイトなんですよ。経済ニュースや細かい数字の羅列など、投資初心者の方には少し難しいかもしれませんが、その難しさを克服してこそ中級者の仲間入りが出来るのです。ですので、面倒かもしれませんが、こまめにこれらのサイトでファンド関連の情報収集をしておきましょう。

また、モーニングスターでは、簡単な「投資ポートフォリオ」を作成することも可能ですよ。「ポートフォリオ」とは、「投資計画」のようなもので、「どのような商品にどれだけ投資をすると効率的か?」などをまとめたものだと考えておきましょう。初心者の方にはポートフォリオの作成は難しいかもしれませんが、ノープランで始めると、確実に痛い目を見るのが投資の世界であることを覚えておいて下さいね。